LINE掲示板で異性とやり取りするとき、多くの方がメッセージの内容にばかり気を取られがちです。しかし、その前に気を付けるべき場所がもう1つあります。アイコン画像をもう1度、女子に引かれるものではないか見直しましょう。以下の6つはとくにNGです。

アニメキャラ

アニメキャラはとくに女性の画像が不評です。オタクっぽいというだけでも「キモい」と不快感を示す人は少なくありません。たとえ同じような趣味を持っている相手にたいしてもおすすめできません。「オタクは女性にたいする理想が高い」という先入観があるためです。

ナルシスト感満載の自撮り

いかにも準備して撮ったような自撮りは、相手に「ナルシストっぽい」というイメージを与えてしまいます。芸能人でないかぎりはLINEで使わないほうが無難でしょう。自分の写真を載せるにしても、「飲み会のときに皆で撮影した」といったようなナチュラルなものを載せると良いでしょう。

ギャンブル画像

ギャンブル関連はパチンコ台や競走馬などが挙げられます。ギャンブル好きアピールはお金の面でルーズだと思われてしまい、恋愛対象外となってしまうためおすすめできません。同じような理由で、お酒やタバコといったものも控えましょう。

プリクラ

男性が撮っても自動補正でイケメンっぽくしてくれるプリクラですが、「女々しい」という意見から異性のイメージは良くありません。また、男友達とふざけて撮ったものならまだしも、女性と写っている、もしくは独りで撮っているものは使うべきではないでしょう。

ポエム

短い文章をLINEのアイコンにしている方はいますが、ポエムは「ロマンチストで痛い」という印象を与えてしまいます。万が一それが自作だった場合はなおさらでしょう。

イケメン芸能人

有名人の写真をアイコンにすると、単なる好みや憧れ、投影などどのような意図があったにせよ「自惚れている」と思われてしまいます。「そもそも似ていたら自信満々に自撮りを使うはず」という鋭い指摘もあるようです。

LINE掲示板で異性とコンタクトを取るときは、事前にアイコンを確認しておきましょう。どれだけメッセージを考えても、画像で相手が引いてしまうかもしれません。上記のようなものは控えて、当たり障りのないものを使うことが懸命です。