異性にアプローチするときのLINEテクニックをマスターしましょう。外見を知られていない以上、送るメッセージがその人のすべてを表します。いつものコミュニケーション以上に会話内容には気を遣ったほうが良いでしょう。

文章はとくに短く

あまりに長すぎるメッセージを送ってしまうと「重い」「面倒くさい」などのマイナスイメージを抱かれてしまいます。LINEの文章は1度に2〜3センテンスぐらいがベストです。端的に要点を伝えることが基本ですが、メールよりもさらに短くまとめることを意識したほうが良いでしょう。

あくまでも友達未満の距離感から始める

LINE掲示板で知り合った相手というものはそう親しくありません。何度かやり取りして「相性が良いな」と感じたところでようやく友達になれるぐらいです。

距離感を無視したやり取りは不快感を与えてしまうことがあるため注意しましょう。たとえば、恋人のように毎朝「おはよう」と挨拶する、下の名前で呼び捨てるなどが挙げられます。

テンションは普通がベスト

「ウケよう」と思って必要以上に明るくしても、相手は付いていけません。リラックスして会話できるようなテンションを維持し、それが崩れるないよう気を付けましょう。たとえば、たまにある失敗として夜中にポエムを送る、酔ったときに赤ちゃん言葉になるなどが挙げられます。

身辺報告はウケない

「何とかして話題を作ろう」と思って「今日こんなことがあった」という他愛無い内容を話すことはけっして悪いことではありません。しかし、それだけしかやり取りがないと「つまらない」人というイメージを与えてしまいます。身辺報告そのものはけっしてウケるものではなく、そこからさらに話題を発展させることを意識しましょう。

自撮り写真は絶対に催促しない

より親密な仲になるために、相手の外見は必要となる情報です。しかし、だからといって自撮り写真を催促することは悪手です。ほとんどの異性は「顔でしか判断してくれないのか」と反感を抱いてしまうためです。自発的に送ってくれない場合は、出会うそのときまで我慢することも覚悟しましょう。

グループを作ったときは内容に注意

ときにはLINE掲示板で知り合ったもの同士でグループを作ることがあるかもしれません。そのときに気を付けたいことは、プライベートトークはNGだということです。仲の良さをアピールしたいがためにやりがちですが、本人からは「常識がない」と反感を抱かれてしまうことがあります。

LINE掲示板で知り合った異性とのやり取りは、友人や職場の人にメッセージを送るとき以上に内容に気を付けましょう。その人となりが文章からしか分からないため、あらぬ誤解を受けてしまうかもしれません。上記のようなコツをマスターすれば、いくらでも魅力的な自分を演出できるはずです。