LINE掲示板を使っていると、「急に返信が来なくなった」ということがたびたびあります。ほとんどの原因は相性が合わなかったためで、さらに掘り下げるとさまざまなタイプが見られるようです。

失敗を活かしてすぐに次の異性にアプローチする

もし相手からメッセージが来なくなったら諦めましょう。しつこく送っても挽回はほぼ不可能ですし、時間の無駄になってしまいます。それよりは、「何故ダメだったのか」という原因を特定して、次に活かしていったほうが良いでしょう。たとえば、以下のようなものはよくある失敗として挙げられるものです。

多忙

「忙しいから」という理由でLINEが面倒くさくなる異性はたくさんいます。また、「後で返信しようと思っていたら忘れてしまった」ということも考えられます。これらは改善しようがありませんから、「仕方ない」と割り切って次に進みましょう。

ただし、「本当に単に忙しかっただけなのか」という点はよく考えておく必要があります。基本的に、どのような人もLINE掲示板は生活する上で優先度はかなり下です。「どうでもいい人に限ってメッセージのタイミングが悪い」と思われていないか、送信する時間帯だけはもう1度復習しておきましょう。

精神的な余裕がない

相手が仕事やプライベートで悩み事を抱えていることが考えられます。改善が難しい理由ですが、少なくともこちらから愚痴を言うなどストレスを与えるようなことは控えましょう。

取るべき行動は「あくまでも他人だから変わらず接する」か「親身になって相談に乗る」かのどちらかでしょう。「こっちが落ち込んでいるときぐらい空気を読んで欲しい」「赤の他人から優しくされても困るだけ」など、人によって感じ方が変わる部分のため、確実な方法はありません。自分自身が楽なほうをチョイスしましょう。

メッセージの内容が返事に困る

意図が分からない質問やただの近況報告、愚痴、自慢話など、どうやって返信すれば良いのか分かりにくいものは、「やり取りがつまらない」「面倒くさい」と思われてそのまま途絶えてしまうことがあります。

自分が話したいことよりも、異性が応えたいことを意識して会話しましょう。コツは相手の趣味などを知り、そこからアプローチしていくことです。

相手に興味がない

そもそも、会話はお互いに興味がなければ成り立ちません。「恋愛対象にならない」「会話しても面白くない」と抱かれてしまったらLINEも続かなくなってしまうでしょう。

「素っ気ないな」という雰囲気を感じ取ったらすぐに次にアプローチするフットワークを身に付けましょう。何人もの異性と話をしているうちに、面白い会話の仕方や好かれるコツなどが分かってくるはずです。

LINE掲示板で知り合った異性からメッセージが来なくなることはよくあることです。大切なことはそこで挫けるのではなく、反省点を活かして次の出会いに全力を注ぐことです。