「今は何となく面倒くさいな」「ちょっと好みじゃないかな」といったときにLINEを放っておきたくなることは誰でもあるはず。未読と既読では、相手が抱くイメージが少しだけ変わるようです。

未読スルーはありえない?

メッセージを読まないまま放置することは駄目だと考えるほとんどの異性は「LINEを読んで当たり前」と思っているようです。そのため、それすらしないことは論外だとされています。ときには駆け引きとしておこなっている方がいるようですが、このような相手には逆効果でしょう。

それ以外にも、既読が付かない相手にたいして「どう対応すれば分からない」という迷いもあるようです。これは無視されているのか、忙しくて確認できていないのかが判断できないためだと言われています。

実は気を使っている?未読スルー

「読んでから放置すると悪いかな」と感じる方の多くがおこなうことが、最初から読まないことです。「忙しくて見られなかった」という理由でごまかすことは常套手段でしょう。時間があるときにしっかり読んで返したいときも、安易に開かず置いておくと言われています。

一見紳士的な対応ですが、異性からの評判はイマイチです。返信のプレッシャーから逃れるために付けない方もおり、「忙しかったから」という言い訳も通じず「保身に走っているだけ」と考える厳しい意見が出ているようです。

まとめ

一般的に、あからさまに無視されていると分かる既読スルーのほうが嫌いという人のほうがパーセンテージが大きいようです。だからといって読まないで放っておけば良いというわけでもありません。気を遣っているという名分で保身に走っていると思われるためです。

結局のところ、異性からのLINEは即座に対応することがベストです。時間が厳しいならまだしも、「ちょっと気が向かない」という精神的な理由なら多少無理してでも送ったほうが後に良い結果が待っているかもしれません。