LINEのIDは気軽に交換できるものではありますが、実は電話番号や住所などと同じくらい重要な個人情報であるということを忘れないようにしましょう。その認識があればLINE掲示板などにIDやQRコードを書き込もうとは思わないと思います。

もしも書き込んでしまった場合、知らない人から大量のメッセージが届きます。アカウントの乗っ取りなどの被害にあう可能性も出てきます。身に覚えのないメッセージをよこしてきた相手は相手をせずブロックしてしまいましょう。また、身近な人たちも詐欺などの犯罪に巻き込んでしまうケースもあるので注意が必要です。

LINEのIDは電話番号と同じくらい大切な個人情報

実はLINEのIDは電話番号と同じくらい大切な個人情報であるということを忘れないようにしましょう。気軽に掲示板などに書き込むのは大変危険です。重大なトラブルに巻き込まれる危険性があります。

気軽に交換できるため、とても軽い気持ちで掲示板などに書き込んでやり取りをしようとする人がたくさんいますが、それは危ない行為です。自分の身を守るためにも掲示板に気安く書き込むことはやめたほうがいいでしょう。

住所や電話番号などと同じくらい重要な個人情報であるということが認識できれば、ライン掲示板などに書き込むということはしないと思います。もしどうしても友達を募集するために書き込みたいという場合にはトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

もしQRコードをライン掲示板に書き込んだら……

QRコードをライン掲示板に書き込むと、大量のメッセージが届きます。もちろん全部知らない人によるものです。もし、意図せずLINEのIDが漏れてしまって、知らない人からメッセージが来るようになってしまったら、全部無視をしましょう。相手の言っていることを信用してはいけません。

そういう人はプロフィール写真も適当です。ネットから拾ってきたもので偽造している可能性が非常に高いと言えます。相手にせず、即ブロックするようにしましょう。質問してきても答えてはいけません。

詐欺に巻き込まれる危険性も

LINE掲示板を利用することで詐欺に巻き込まれる危険性もあります。相手の話に耳を傾けてはいけません。

  • 家族が病気で
  • 会社を辞めざるを得なくなって
  • 恋人に振られて

などの同情を誘う内容は特に注意です。これらの話題に耳を傾けるとトラブルに巻き込まれます。

詐欺の被害に遭わないためにも、LINE経由で知らない人が近づいてきても相手にしないようにしましょう。

友達や大切な人のIDも漏れてしまう

ライン掲示板に自分のIDを書き込むことで、関係のない自分の友達や大切な人のIDももれてしまいます。身の回りの人がトラブルの被害に遭う恐れが出てきます。

LINEの機能には「友達かも」というものがあります。共通の友達を紹介する機能です。そういった機能によって、あなたの友達が知らない人に紹介されてしまいます。

友達に迷惑をかけないためにも、ライン掲示板に自分のIDやQRコードを貼り付けるのはやめておきましょう。

もしQRコードを掲示板に書き込んでしまったら

もしも過去にライン掲示板を利用していて、QRコードを掲示板に書き込んでしまったことがある場合は、QRコードを更新しましょう。一度更新をすれば、前のQRコードは利用できなくなります。

IDやQRコードを書き込む前にリスクについて考えましょう

LINEのIDはSNSと同じ感覚で掲示板などに書き込んでしまいがちですが、電話番号と同じくらい大切な個人情報です。迂闊に漏らしてしまうと様々なトラブルに巻き込まれる恐れがあります。

また、友達や身の回りの人を巻き込んでしまうかもしれません。ライン掲示板にIDやQRコードを書き込む際にはそういったトラブルに巻き込まれるリスクを考えるようにしましょう。