アニメ好きなどいわゆるオタク趣味を持っている方の理解をしてくれる人というのは限られますね。中には敬遠されたり、趣味をバカにされることも少なくないでしょう。そんな時にはLINE掲示板が便利!同じ趣味を持った仲間をLINE掲示板で募集しましょう。

アニメオタクは理解されづらい?

趣味はアニメ。しかもオタクレベルにハマってしまっている。こういった方がアニメに全く無関心だったり、そこまでハマってはいない側に理解されることは少ないと言えるでしょう。

一般の方にとってアニメは「子供の頃にハマるもの」という認識があり、思春期を経て成人になっている状況でもそれらの世界にどっぷりとハマっているのが信じられないという認識を持っているものです。

他にも現実的にありえない世界にハマっていることが気持ち悪いと思われてしまうことや、実在しないキャラクターに恋愛感情を抱いてしまう点。

二次元キャラばかりにハマり結婚をしても良いとすら感じている男性が多いため、リアルな女性には恐怖心を抱いていたり、満足できないため女性とコミュニケーションが取れないと思われているなどなど。

このような該当するものがあるとはいえ「イメージ」を勝手に植え付けられてしまっていることが多く、やはり理解されづらい環境に置かれていると言わざるを得ません。

LINE掲示板でアニメ好きの異性を探そう

アニメオタクという特徴を持っている方が異性や同じ趣味を持った仲間を探したいとした場合、コミケなどのイベントに訪れて同志を探すという方法も確かにアリと言えるでしょう。

しかしアニメイベントの場合には、キャラクターグッズを購入するといったことや、コミケでしか見られない同人誌などの購入。コスプレ美女の撮影をするなど、それぞれの目的があって参加していることが多く、そういった余裕がないケースがほとんどでしょう。

そんな時に便利なのがLINE掲示板の存在です。好きな作品ごとにグルチャが設けられていたり、全体的なアニメファンが集まっているものも存在しています。

こういった同じ趣味の仲間が集まるコミュニティ内であれば、前述で紹介した一般的な「偏見」を受けることはありませんし、話題に関しても尽きることはまずないでしょう。

アニメファンであったとしても、生身の女性に興味があったり、趣味として割り切っていて全然イケるという男性がいることも十分に把握しているものです。

アニメに対する見方も変わってきている

アニメというと萌えキャラが登場してありえない恋の展開があってなんて独特な世界という見方が多く、結果としてアニメオタクは多くの偏見に晒されたわけです。

しかしながら、近年ではアニメ作品でもそこまで興味のなかった一般人も巻き込み空前のヒットを飛ばすような作品が続々と誕生しています。

その産業規模は一兆円とも言われており、国内よりもジャパニメーションとして諸外国で高い評価を受けています。オリジナルの脚本では全く視聴率が取れないことからも、テレビドラマはもはやアニメ「実写化」競争状態になってもいます。

こういった周辺環境の変化から従来のアニメ=独特の世界といったものや、一般人には理解不能な世界という見方が少なくなり、一つのカルチャーとして支持されるようになりつつあります。

こういった一般人もLINE掲示板などにあるアニメグルチャなどに参加していることが多いため、出会いの幅が広がっている状況です。

偏見のない仲間とLINE掲示板でつながろう

アニメの評価は一昔前と比較すると世間一般にも受け入れられるようになりました。しかしながら、まだまだ偏見は根強く残っており変な誤解を受ける可能性も少なくありません。

アニメオタクという自覚があるなら、LINE掲示板のグルチャなどで仲間を見つけるのがベストな方法と言えるでしょう。